お歳暮蟹のおすすめ通販はどこ?蟹の相場や料理についても

【剥いていると痺れる?】お歳暮の蟹を食べる時の注意点5つ

腐っていないか?

当たり前ですが、腐っているカニを食べる事は絶対にやめましょう。
カニが腐っているかどうかは臭いを嗅げば誰でも判断ができます。腐っていると、アンモニアのような刺激臭がしてきます。

 

美味しい臭いとはかけ離れた臭いなので、すぐにわかると思います。

 

甲羅の部分の臭いを嗅ぐよりも腹側の臭いを嗅ぐと確実に判断できるでしょう。腐ってしまったカニを食べてしまうと、食中毒を起こします。

腐ってそうな臭いがするなと思ったら、食べずに捨てた方がいいと思います。

 

取り出す時

花咲ガニやタラバガニなど、トゲの鋭いカニを取り出す時は注意が必要です。

トゲが原因で手を怪我する恐れがありますし、カニが生きている場合、不用意に手を入れてしまうとハサミに挟まれてしまい、大怪我をしてしまう恐れがあります。

 

トゲのあるカニを取り出す場合は、念の為軍手を履いて取り出す事をお勧めします。

毛ガニも侮ってはいけません。毛に覆われて見にくいと思いますが、小さなトゲがあります。
そこまで鋭くないので、細心の注意をはかる事はありませんが、用心に越した事はありませんので、少し注意しながら取り出しましょう。

 

 

洗う時

洗う時も取り出す時、同様注意が必要です。特に生きているカニを洗う時は細心の注意を払わなくてはいけません。
カニのハサミの握力は非常に強いです。

 

タラバガニなど大きなハサミを持っているカニだけじゃなく、毛ガニなどの小さなハサミでも、挟まれたら怪我をしますので、洗う時は注意しましょう。

ちなみに、茹でられて冷凍されているカニは洗う必要はありません。

氷の膜で覆われているので、汚れる事はありません。
どうしても表面を綺麗にしたい場合、さっと流水で洗う事をお勧めします。

 

口に入れる時

殻を食べてしまうと口の中を怪我してしまう恐れがあるので、注意しましょう。
脚肉の中には、必ず腱(白くて細い)が入っているので、腱は食べないようにしましょう。
口に入れる前にわかると思いますが、腐ったような臭いがした場合は、口に入れないようにしましょう。

 

剥いていると手が痒くなる

手が痒くなる場合、甲殻類アレルギーの可能性があるので注意が必要です。

甲殻類アレルギーの主な症状は、

・口や手がかゆくなる
・唇のしびれ
・身体に蕁麻疹(じんましん)が出る
・喘息や気管支喘息などの症状で呼吸困難になる
・胃痛、頭痛
・腹痛、下痢
・嘔吐

 

などです。

食べてしまい、激しいショック状態(アナフィラキシーショック)になった時は迷わず病院に行きましょう。

関連記事

最新記事一覧