お歳暮蟹のおすすめ通販はどこ?蟹の相場や料理についても

【感想】母へのお歳暮でどうして蟹を選んだのか?その理由【口コミ・評判】

お歳暮カニを選ぶ方が多いですが、私自身もこれをお歳暮の商品として、実家の母に選びました。
その体験談をご紹介したいと思います。

 

どうしてお歳暮で蟹を選んだ?

そもそも何故カニをお歳暮商品として選んだのか、ですが、これが非常に悩みました。
食品を送ることは、後に残らず、人の迷惑にならないよう毎回決めていることなのですが、実家に贈る場合、ある程度、母のことを理解しています。

ですので、母が年末に使えるようなものをと考えた時に、毎年おせち料理に使っているカニを選ぶことにしました。

 

蟹にはどんな種類がある?

蟹と言っても色々な種類があります。
1番はタラバですが、毛ガニなどもおいしくて、比較的リーズナブルなものとして人気が高いですが、私は、いくつかの蟹の種類がミックスされたものを選びました。

 

どこが一番おいしいと感想をもらった?

母は大の魚介類好き、その中でも甲殻類には目がありません。

ですので、特に説明をしなくても、どれがタラバで、どれが毛ガニ、それに、もうちょっと安めの種類の蟹もあるのですが、タラバが断然実がぷりぷりしていて食べごたえがあって好きだった、さらに、実家にいた弟たちも食べたけども、みんなそれに満足していたと言われました。

 

どの季節に買った?

いつもお歳暮は焦って贈るので、本当に発送される1週間前くらいに蟹を選んで購入し、贈りました。

 

お歳暮の蟹を購入する時に注意したこと

実は私自身、海外に住んでいるので、日本のサイトから選んでカニを送ったのです。
ですから、この目で品質などをチェックできません。

 

レビューをチェックして、良いことが書かれているというよりも、それがわかるレートとコメント数を照らし合わせて、それなりのレートがもらえている所、さらに、私が希望している日日に到着できる業者を選びました。

 

蟹はどれだけ必要だった?(量・値段について)

今は、母と下の弟だけが実家に住んでいますが、上の弟夫婦と娘(といっても、この子はまだ食べられない時期でした)がいて、大人4人で2kgをぺろりと食べたようです。

 

それで値段は5000円ほどです(送料無料)。
そもそも、母はいつも殻付きのカニを使っていたので私はそれを購入しましたから、2kgと言っても、食べられる部分はおそらく500gちょっとです。

 

蟹の賞味期限は相手(母)に伝えなかった

そもそも今の時代、生でカニを売っている所は、カニの産地に行ってもかなり少ないです。
ですので、ほとんどが冷凍となりますので、賞味期限はほぼ関係ないと言えば関係ないですし、もちろん、説明書に書いてあります。

 

そして、私の場合は、母が必ずおせち料理に使えるようにということで贈っているので、母も、その時に使うと決めていたのはわかりましたから、届け日を、母がおせち料理を作るだろう日にちに設定するようにしました。

ですので、あえて賞味期限を伝える必要もなかったです。

 

関連記事

最新記事一覧