お歳暮蟹のおすすめ通販はどこ?蟹の相場や料理についても

【送る前に!】お歳暮の蟹が腐っていると判断できる「見た目」や「臭い」はある?

お歳暮の蟹は臭いで判断できる?

カニが腐ってくると、アンモニア臭が出てきます。
生ゴミのような臭いも出てくるので、すぐに判断する事ができるでしょう。

 

腐っているカニの臭いを人間が嗅ぐと、食べては駄目だと体が拒否反応を起こすような臭いがするので、すぐに見分けがつくと思います。

 

もわっと軽いアンモニア臭だけがするくらいなら食べられる可能性はありますが、それに加えて酸っぱいような臭いを感じるようならやめましょう。

更に腐敗が進むと生ゴミの臭いも加わってきます。ここまでくるとすぐに判断できると思います。

 

お歳暮の蟹は見た目で判断もできる?

腐っていたとしても表面が黒くなったりする事はありません。見た目で判断するよりも、臭いですぐにわかるので、見た目の判断は不要と言えます。

しかし、見た目で判断する事も可能です。
甲羅と胴体を外すとエラ(ビラビラしている)が見えるようになります。エラが黒ければ要注意です。

 

カニの種類(ズワイガニ、毛蟹、花咲蟹など)に関係なくエラは存在します。
エラは鮮度が短いので、腐っているかどうかの目安になるでしょう。
しかし、「黒ければ腐っているんだな!」とは言い切れないので、臭いを嗅いでみて見た目と臭いで総合的な判断をしましょう。

 

まとめ

カニが腐っているかどうか判断するには、臭いで判断するのが一番適切です。食欲をそそられない臭いにカニが変化していたら、食べるのはやめましょう。

 

カニの食あたりは非常に危険です。高齢者など免疫力が衰えている人が感染した場合、毒素により死亡する事例があるので、充分注意して食べましょう。

 

購入したら、早めに食べる事をお勧めします。

 

関連記事

最新記事一覧