お歳暮蟹のおすすめ通販はどこ?蟹の相場や料理についても

【冷凍庫で膜が溶ける?】お歳暮の蟹の保存方法として最適は?蟹のハサミは切ってしまってもいい?

冷凍カニの保存方法

家庭の冷凍庫は業務用よりも温度が低いため、カニの表面を覆っている氷の膜(ブルーム)が溶ける可能性があります。
溶けるのを防ぐため、新聞紙で包みその上からラップを巻きましょう。

 

保存期間ですが、冷凍庫で約2〜3週間が美味しく食べる事のできる期間です。
冷凍カニは冷蔵庫での保存には適しません。保存する時は必ず冷凍庫で保存しましょう。

 

冷凍カニの場合は、ハサミを切る必要はありません。
切ってしまうと、その部分から水分が逃げてしまい、美味しくないカニになってしまうのでやめましょう。

 

・茹でカニの保存方法
新聞紙やキッチンペーパーでカニを包み、その上からラップを巻いてすぐに食べる場合は冷蔵庫。2、3日後に食べる場合は冷凍庫に甲羅を下にして保存しましょう。

 

水分を逃さないために、できるだけ密封した状態で保存する事が大切です。
甲羅を下にする理由は、カニミソが流れ出ないようにするためです。

 

美味しくカニミソを食べたいなら甲羅を下にして保存しましょう。

 

保存期間は、冷蔵庫で約2日間、冷凍庫で約3日間といわれています。あまり日持ちがしないので、早めに食べる事をお勧めします。
茹でカニも冷凍カニ同様、ハサミを切る必要はありません。旨味が逃げてしまうので、ハサミを切らずに保存しましょう。

 

生カニの保存方法

生カニは、必ず茹でてから保存するようにしましょう。
生のまま保存してしまうと、酸化により色が黒ずんでしまいます。

 

見た目だけでなく、旨味や風味も損なわれてしまいます。
毛ガニや花咲ガニ、ズワイガニなどは一匹丸ごと、大きなタラバガニの場合は、保存したい部位を切り茹でましょう。

 

タラバガニを丸ごと保存したい場合は、そのまま茹でましょう。
しっかりと冷めてから新聞紙やキッチンペーパーに包み、その上でラップを巻きすぐに食べるなら冷蔵庫、すぐに食べないのであれば冷凍庫に保存しましょう。

 

保存期間については、冷蔵庫の場合約2日〜3日、冷凍庫の場合約1ヶ月と言われています。

ハサミを切る必要はありませんが、茹でる時に注意が必要です。紐などでしっかりと縛り、ハサミが開かないようにして茹でましょう。

 

関連記事

最新記事一覧